<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
name : 8rukun
|探しているモノ・ヒト
-春:京都市内のお堂、古民家
-夏:検討中
-秋:新神戸駅からタクシーで10分圏内の雰囲気良さげな古民家(洋館など)
-冬:東京駅近くで、4畳半の部屋があるマンション
-KIITO、500 KOBE ACCELERATORの仕掛け人(地元・神戸の文脈を掘り下げたい)



|見習い中
- 高いところ、駅のホームにたいする脱恐怖心
- 篠笛
- 自然な睡眠


|できること、得意なこと
- 世界中どこでも現地の日常に溶け込めること(よく道を聞かれる)
- 「お前の飯、母ちゃんのみたいだな」と言わしめる料理
- 優しい人には誰彼なく懐に飛び込んで甘えたおすこと
- 本人すら気付かなかった事実を引き出すインタビュー!(←若干、盛ってます)
              Desing the worldRe-editing world参照


|尊敬する人
父母、孟嘗君、老子、荀子、耶律楚材、ロレンツォ・デ・メディチ、佐藤賢一、ポール・クルーグマン恵良隆二、山本学、山川貢一、嘉村賢州鶴直人、玉利康延、松浦真、湯川伸矢原丈人堀明則、金子直吉、小山薫堂


|経歴

2002.04 -
「世界が広がって楽しいかも・・・」と同志社大学文学部英文学科に入学

2002.09
友達と2人で東日本をぐるっと回る

2003.02
1人でアメリカ西海岸に行く。一人旅にはまる
サンフランシスコの日差しがまぶしかった・・・ 

2003.08
西日本をぐるっと回る。「よくいきる」とはなにかを考え始める

2004.02
京都市内の町屋を借りて、漢三人の共同生活をはじめる。
共同生活一日目にして喧嘩→酒盛り→号泣→友情、まさに雨降って地固まる。
年末から、「かえる食堂」の前身である「お茶会」をはじめる

2004.04
林以知郎ゼミに所属。おどろおどろしたAmerican Gothicを勉強。
「自我の境界」「理性と狂気」「オリジナルとコピー」が研究テーマ。
研究対象はEdgar Allan Poe、Herman Melville、Paul Austerなど

2004.08
四国、南近畿をまわる。高野山で、サンフランシスコの
ゲストハウスではなした子とばったり出会う。奇跡だ!

2004.10
四大学合同美術展に代表として参加。トップに向いていないことに気がつく。
一番、京都を自転車で走り回った時期かもしれない

2005.08
ワークスアプリケーションズのインターンに参加。3年パスをとる。
期間中の休みに同期と5人で山手線を歩いて一周する。
途中、巣鴨で力尽きそうになった(深夜渋谷発内回り)

2005.09
突撃学校訪問をしながら、シルクロードを旅する。
カザフスタンのアルマティまでいく


2005.11
就職活動イベント「コトハジメ」に統括として参加。
参謀役が性に合っていることを知る

2006.02
学生コミュニティー「西海岸」の屋根裏に本格的に棲みつく。
台所につながる煙突管が部屋を通っており、
煙突から漏れたガスにより、窒息死しそうになる。
半年で、全世界の学生100人近くと日常生活空間で交流

2006.02
タイを旅する。仏教社会教育の現状を聞きに、
ワットスワンドック@チェンマイ、
マハチュラロンコーン大学@バンコクなどを訪問。
エイズホスピス「バーンサバーイ」にも足を運ぶ


2006.03
博物館学芸員の資格を取得  ※野村美術館で研修

2006.04
株式会社シンカに入社。
大手企業の新卒採用・研修を中心にコンサルティング業務に従事
要員計画や人材要件定義、選考設計、制作デイレクター、ゲーム・研修制作、
選考官、諸業務とおよそ「採用」と名のつく業務はひととおり経験。
辞めた今でもお付きあいがあるくらい当時のお客さんと信頼関係を築けたのが誇り

2006.05
伊豆高原間伐ワークショップに参加。以後、定期的に森林問題に関わることに

2008.10
NPOちいおりトラストHPの制作に携わる。現在はこちらに移行

2010.01
Desing the World Projectを始動

2010.04
グローバルプロフェッショナル講座の広報担当としてお手伝い
山本先生、5期の皆さん、貴重な機会をいただき感謝です!

2010.07
株式会社シンカ卒業。
Re-editing World Projectを始動

2010.11
アジア視察中に体調を崩して台北より涙の帰国。
自律神経失調症、機能性低血糖症などを併発し、地獄の長期療養生活に突入

2015.05
食べられない、飲めない、呼吸できない、汗かけない、
排泄できない、動けない、眠れない、を経験。
最後の「眠れない」だけをのぞいて大体回復。
リハビリを兼ねて、在宅ワークを始める。

2016.02
体力は病状以前の状態に回復。
大好きだった高いところと駅のホームがなぜかバンジー台に
脳内変換される呪い(不安障害)にかかり、
呪いを解くべく、特訓を重ねながら、社会復帰を画策中。