<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

しあわせ中国 盛世2013年
評価:
陳 冠中
新潮社
¥ 2,415
(2012-10-31)
コメント:あちゃちゃ・・・と思うような直訳ッぷりのせいで内容が頭に全然入ってこない話題の小説。過激な内容から中国本土では発禁処分にあったというが・・・

中国の作家、陳冠中の一作。大陸では発禁処分にあっています。
ハッキリ言うと、翻訳が直訳すぎて陳の世界に入りきれません。20pほど読んで、諦めた。。
どんな本かというと・・・

良い地獄か、偽の天国か──中国の将来を予言する衝撃の近未来小説。二〇一三年、中国は太平と繁栄を謳歌し、人々はみな幸福感に溢れている。しかし、その幸福感を偽りだと感じるごくわずかな人たちが存在していた。そして、彼らにより明らかとなったのは、政府の驚くべき秘密計画だった……。党内結社の存在、地下教会、環境破壊──中国の水面下に蠢くさまざまな現実を浮彫りにする異色長編。(Amazon内容紹介より)


興味のある方はネットで調べて「陈冠中《盛世:中国2013》」の原文を読んで下さいまし。




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK