<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日暮らし(下)
評価:
宮部 みゆき
講談社
¥ 1,680
(2004-12-22)

ちかくの図書館で借りて読みました。
作中に子盗り鬼といって子供を食べてしまう鬼伝説がでてくるんだけど。人が鬼になっていく過程がみてとれてぞぞっと鳥肌が立った。
しかしまあ、鬼ってぼくらの現代生活のなかにもいるんだよなあとあらためて認識しました(「ヒト、コワレテノチ、鬼トナリヌ」で鬼を実際にみた感想を書いていた)。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK