<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いつかこんなことを書きます | main | 韓寒blog 11/03/19
あっという間に1,000元を切るさ >>
韓寒blog 11/03/21
独裁者に内政なし
リビア情勢に関するコメント。なんであれ独裁者と呼ばれる人間は内政をおこたってるもんだから、各国の制裁や軍事行動はある程度眼をつぶれるんじゃないの?というのが韓寒の感想。
今回のコメントは真面目な論理展開よりも語呂遊びが主。リビアの中国語表記「利比亜」に似たベルギーやペレを文中にだしたり、最後にセーラームーンの「月にかわっておしおきよ!」をもじった表現をつかったりと全体的にはおちゃらけた内容になっている。
いつも訳しているのの半分以下の文量だったので30分くらいで訳せた。楽だったー。



リビア情勢に関心をよせる人がけっこういる

心配するあまり「リビア=利比亚」に似た漢字「ベルギー=比利時」でなにかあったんじゃないかと勘違いする「ビリャレアル=比利亚」のファンもいる。
中国は国連常任理事会議で一票をリビアへの制裁支持に、一票を飛行禁止空域への棄権に投じて感心をかった。

カダフィー大佐が騒ぐのを止めようとしても手のつけようがないとするむきは今でもけっこうあって情勢は二分されている。カダフィー政権下での政治腐敗、一般市民の虐殺、民間航空機の爆破など数々の悪事を考えると反政府連合軍による鎮圧やむなしとする向き。もうひとつは内政問題だから他国は干渉するんじゃない、ヨーロッパ諸国やアメリカはただ単に石油が欲しくて自国の内部矛盾をリビアに肩代わりさせたいだけだ、彼らの大義名分は信用ならンとする向き。
独裁者に内政なし

お前はどう考えてるのと友達に聞かれたらこう応えている。しごくシンプルなことだ。殺戮する者は成敗されて当然。
3月20日はこの19年のなかで一番地球に月が接近してそれはそれは大きく見えた。だからまあ、あれだ。誰であれ目的がどうであれ、月がみんなにかわって大佐をおしおきしてくれるだろう。



原文はこちら。訂正の指摘大歓迎


JUGEMテーマ:韓寒
スポンサーサイト
原文の比利亜は、スペインの比利亜雷&#23572;(Villarreal)のことでは?
qima3 | 2011/04/13 15:14
ご指摘ありがとうございます。
早速調べてみました!そうだとおもいます。
言われなければ分からなかったので大変ありがたいです。
8ru | 2011/04/14 11:47
COMMENT









Trackback URL
http://8ru.jugem.jp/trackback/332
TRACKBACK