<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

クルーグマン教授の経済入門
評価:
ポール クルーグマン
筑摩書房
¥ 1,365
(2009-04-08)
コメント:なにをどうしたって、これに勝る本はない。経済のよしあしを決めるのってなに?インフレって?貿易赤字はいいのわるいの?などなど。ニュース番組でふんぞりかえってもの申している先生方が実は的外れなことをいってるかもしれない、なんてことがわかっちゃう一冊。

1年前によんだのが2回目。今回2回読みなおして、これで4回目。4回目は画用紙をひろげて、書いてある内容をひとつ一つフレームワークに落としこんで・・・。あと2回くらいよんだら、経済の根っこは理解できそうだ。
訳者の山形さんを知った初めての本。クルーグマンもそうだし、山形さんもそうだけれど、本当に頭のいい人ってわかりやすくかみ砕いて話せるんだな、と感心する。
ここ2ヶ月のブログの口調は、実は山形さんの文体をまねてのものだったりして。いつかインタビューしたいなぁ。



JUGEMテーマ:ビジネス書
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://8ru.jugem.jp/trackback/190
TRACKBACK