<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「自然淘汰」無双、人類も洗礼を受けた・・らしい?
本書が比較人類学にカテゴライズされるとなると、頻繁に出てくる「合衆国東部」という表現って適切なんでしょうか。

サピエンス全史を超えられなかった
ある白人から見た人類史っぽいやつ


表記が並列化されてなかったり、著者の主観から見える事実の森の中を連れ回される感じがして、正直、頭にあまり入ってこなかったです。はい。。

例えば、「食糧生産が独自にはじまった地域」で上がっている地域の表現。

 ・肥沃三日月地帯
 ・中国
 ・中米
 ・アンテス地域及びアマゾン川流域(?)
 ・ニューギニア?
 ・エチオピア?
 ・サヘル地域?
 ・西アフリカ?

国名と地域名が混在、他の地域の抜け漏れ(十分な考察が言及されないまま)などなど。MECEじゃないよう!と涙がこぼれました。
「食糧生産が独自にはじまった地域」とタイトルを書いているわけですから、中国ではなく「黄河・長江流域」とか、中米でなはなく「ユカタン半島周辺」のように表記してほしかったです。


ちなみに、サピエンス全史と共通するのは、

 ・人類が進出したことで、大型生物が絶滅した
 (本質的な環境破壊を止めようと思うと、人類の生存領域を狭めないといけない)
 ・農耕民が狩猟採取民より貧しくなった

の2点。


興味深いなと思ったのは、同じ祖先をもつマオリ族モリオリ族の話。
環境要因から、一方は余剰生産がてき、複雑な社会構造をうみだし、一方は単純な社会構造をうみだしました。住んでいる環境によって、富の貯蔵がかわる、という至極当たり前の事実だけど、確かにそうだよなと事例を見せてもらって納得度アップです。

あと個人的に、どうしても組織論と絡めたくなるんですが、イチゴが自然淘汰の過程を経て現在の形になった話。
やはり、自然淘汰は原理としては最強で、逆らいようがありません。
イチゴのように組織も自然淘汰の原理のもとで進化をするわけで、誰かが意図して進化させようとしても、長い目で見ると、生き残れないのだろうなと思いました。園芸種の花とか、人間いなくなったら、環境変化に適応できず、すぐに絶滅しそう。

下巻も新たな地平線が見えそうにないので、読み止めです。

以上、ごちそうさまでした。
続きを読む >>
メンツにこだわって現場を見ないリーダー、ヤダー怖いー
リーダーに恵まれなかったら
オー人事、オー人事


ってのは何も21世紀だけの問題じゃなかった。

神聖ローマ帝国皇帝カール5世しかり、その後を継いだスペイン王フェリペ2世しかり、現場知らないのに強気なリーダーの実害がやばい。しかも、どんなに現場を引っ掻き回しても、最終責任をとるのはその家臣。なんなんだ、そのゲーム。

潔く、現場を知っている人に指揮権は譲りましょう。
(そうならなかった時の被害状況は後述の引用部分を参照のこと)

上巻では無双っぷりを発揮していたサラセン人海賊ですが、下巻になるとジェノヴァからキリスト教側のドン、アンドレア・ドーリア提督が出てきます。ほぼ常勝だったこともすごいドーリアですが、何よりすごいのは引退年齢。少なくとも、84歳で、海賊の本拠地を叩きに行った記録が残ってます。どんな体力してるんや。。

最後に。

「良識とは、受身に立たされた側が口にする言葉であり、行動の主導権をにぎった側は、常に非常識的に行動するものである」

というプレヴェザ海戦の直後、ヴェネツィア外交官が放った言葉が胸にしみます。
日本を取り巻く環境がきな臭くなってますからね。

こちらも2・3日で読み終えられました。ごちそうさまです。
続きを読む >>
「駆逐してやる!!この世から、一匹残らず!!」をお互いに言い合う世界
驚き、驚き、そして、驚き!

中世・近代ヨーロッパにメッチャ興味ある人、必見。
この一冊を読むことで、歴史の周縁部においやられがちな、地中海沿岸のヒストリー(主に海賊怖い、の一事)に明るくなります。

「オレ、中世・近代のヨーロッパ史、そこそこ知ってるし」

とピノキオだったぼくの鼻が見事にへし折られました。ボキッ…

泥沼の宗教戦争とか、百年戦争とか。近代の主役は大航海時代を制したヨーロッパだ!と思っいたら、それはヨーロッパ北西岸の話。地中海に面する南側はフランス革命頃まで、庶民は海賊に怯える日々を暮らしていたのでござる。という衝撃。

※北アフリカ西岸の浴場(強制収容所)に拉致されたキリスト教徒を救う活動の終了が西暦1779年。フランス革命の10年前。救出騎士団の設立が1218(1222年)だから、およそ600年近く地中海北西部沿岸に住む人が拉致されていた、という

地図上ではキリスト教圏なのに、領地が定期的に海賊の略奪に遭って、内陸にある山岳部でさえ安全ではなかった。ローマ法王だって2万5千枚の銀貨を渡して「襲わないで!」と嘆願していた。

イタリア半島だけでなく、南フランス(プロヴァンス)まで、沿岸部分は海賊になで斬りされていたのも衝撃ですが、法王が在しますローマの北西、街道一本でつながっている海港チヴィタベッキアや北東のサラチネコでさえイスラム勢力に占拠され、法王庁領土も狩場にされていたというのにも衝撃を受けました。


どれだけ海賊無双なんだ。。

しかし、略奪の波状攻撃で動産・不動産にかかわらず壊滅的な被害を与えたにもかかわらず、それで満足してくれない海賊。奴隷市場に供給する人狩りをするために、荒野に彷徨う老略男女をかっさらって行きます。なんだか進撃の巨人から逃げる人間、みたいな構図が600年近く、地中海世界ではあったわけですね。

ちなみに、現象に対する考察や込み入った分析は、本書執筆前に刊行されている諸書籍に書かれているので、本作は事実を抑えてスラスラと歴史の針が進んでいく印象です。

よって胃もたれもなく、2日で読み終えました。
ごちそうさまです。
続きを読む >>
「頼むからちょっかい出さないで」と元ローマ人は言ったにちがいない
ついにシリーズ最終巻。
読了感を誰に伝えたいとマイクを向けられたら、歴史シミュレーションゲームに熱中している全高校生に捧げたい。

領土が広がる=社会が進歩する
じゃないからーーー!!!



国が勃興し、拡大していく過程に興奮を覚えた世界史の授業。
家でやりまくった「信長の野望」や「大航海時代」。

領土拡大=進んだ文明社会の伝播と算盤を弾いて、「領土拡大いいじゃん!」と安直に考えていたわけですが、この巻を読み終えて、悔い改めました。アーメン。


ローマの誕生から消滅まで、著者が給仕する一皿一皿を吟味、反芻しながら感じたことは、領土の広がりとそこで暮らす人の豊かさとは正比例しない、ということ。本巻ではタイトルの通り、「ローマ世界の終焉」に向かっていく顛末が書かれているわけですが、最終盤、東ローマ帝国による元西ローマ帝国領土の奪還運動が酷い、の一言に尽きます。

世界史で誰もが「大帝」つきで覚える、東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌスによる北アフリカ・イタリア半島の再領有(ゴート戦役)は、蛮族からローマ同胞を解放する善行だとずっと思ってました。そう、世界史の授業で習ったし。

が、現実は破壊に破壊、そして破壊。

ハードのみならずソフト面でも、なんとか残っていた西ローマ・コミュニティを破壊しまくります。

ユスティニアヌスが茶々を入れるまでは、イタリア半島には蛮族による平和、「パクス・バルバリカ」がありました。オドアケル、そして東ゴート王国のテオドリックと、支配者はローマ人ではなくなりましたが、蛮族のリーダーの下、元ローマ人たちは生産性をもちなおします。侵入して生活基盤をぶっ壊していた蛮族が主人におさまったことでむしろ治安が安定したこと、行政・経済システムは既存のローマ人コミュニティの上で運用されたことなどから、末期の西ローマ帝国時代より、元ローマ人の生活は豊かになりました。

が、そこにユスティニアヌスに背中を押された将軍ベリサリウス登場。

ありとあらゆる社会資本の破壊がスタートします。

彼が登場したことで、それまで共存関係にあった、ゴート族と元西ローマ人、東ローマ人(実質ギリシア人)と元西ローマ人、ゴート族と東ローマ人が先の見えない抗争に突入。イタリア半島は荒廃。そして、そのまま「暗黒」と呼び声高い中世へとダイブします。

古代でありながら大都市にして疫病予防に一役買っていた上水道の歴史にとどめを刺したのもベリサリウス。ゴート戦役による、上水道の軍事利用が原因でした。

これだけ頑張って西ローマ帝国領土を再服した東ローマ帝国もゴート戦役で体力を使い果たし、その後やってくるイスラムの大波に飲まれて大破します。ユスティニアヌスが領土欲なんか出さずに、東ゴート族ヴァンダル族とうまくやってたら、たくさんの人が死なずに済んだのに、と思うと、やるせなさで胸がいっぱいになります。胸焼けしそう。というか、歴史ってそんなものか。

読みながら、アメリカの不法移民に思いを馳せました。
「やっぱ、お前は蛮族だ!」といって殺された西ローマ最終盤の救国の英雄スティリコのように、彼らも異国アメリカの地でアメリカ国民同様に共同体に貢献しようと必死です。が、「やっぱりお前は不法移民だ!」といって強制送還されそうです。スティリコと同じ運命を辿るのか。それとも初期帝政ローマのように、一定量、共同体への責務を果たしたら、正式メンバーとして受け入れられるのか。見守りたいと思います。

ごちそうさまでした(この後、「ローマ亡き後の地中海世界」に向かいます)。
続きを読む >>
神様「正当性くれってたって……そのオーダー。重いよー」
組織を機能させる「正当性」について、悩んでいる子羊に捧げる一冊。

とどのつまり、

組織構成員の「権威」にたいする納得が
重層的に積み上がらないかぎり、
どこが権威を発行しても、「正当性」は揺らぐよねー


というお話。

ミラノ勅令を出したコンスタンティヌス大帝とその息子、親族を殺しまくったコンスタンティウス。その殺戮から運良く逃れて、跡を継いだユリアヌス+ゲルマン皇帝時代、自然死よりも殺される皇帝が多かった3世紀、ローマの乱れっぷりが書かれてます。

政局の安泰を考えた時に、権威(統治の正当性)の発行元を「市民と元老院」といういつ裏切るかわからない人間から、アンタッチャブルな絶対神に変えることで、政権、安定するんじゃね?と期待したコンスタンティヌス。

神意には人間、逆らえない!
権威の正当性が揺るがない!

と、700年後の王権神授説の露払いみたいな現象が起こしたわけですが、けっきょく、コンスタンティヌスの「神様に権威もらったら、政権安定!万歳!」と叫んだチャレンジは失敗します。あとに残ったのは、より他者にたいして不寛容になった共同体ローマと、脱税や共同体責務から離脱したい人がなだれ込んで肥大化したキリスト教コミュニティー。

この統治の正当性。今もお隣の国々ではどうやって調達するか絶賛煩悶中なわけで。
洋の東西、古今を問わず、「正当性」とは根深い問題なんだなと改めて咀嚼です。

あと、偶像をかたっぱしからぶっ壊した歴史、ここにもあったんだ。。

ちなみに、コンスタンティヌスが水を引いたキリスト教コミュニティーも、だれが神意を正しく解釈してるのか、教義解釈ビーチフラッグバトルに突入し、言霊の強かったカトリックがしばらくチャンピオン。その後、カルバンやルターが出てきて、泥沼の宗教戦争へと突入していきます。正当性、業が深すぎる。

ご・ごちそうさまです。。
続きを読む >>
空き家はコミュニティー崩壊の予兆、ローマより
この巻から何を学べるだろう。

それは、

治安の悪化は経済活動を停滞させるだけでなく、
共同体(コミュニティ)も劣化させる


ということ。

コミュニティが劣化すれば、コミュニティを維持することへのインセンティブはますます減退し、環境は荒れ、さらなる治安の悪化を招く。負のスパイラル。

治安悪化の要素は様々。

日本も対策をしないと、ローマの轍を踏むことになる。
とりあえず、空き家、どうにかしよう。
続きを読む >>
ローマ人の物語XII 迷走する帝国
坂を転がり始める3世紀のローマ。「ローマ」という運命共同体への個々のインセンティブが下がってきたのはなぜか。数ある中で因子の中でも特に、ローマ市民権の既得権化が大きな影響を与えたのでは、と七生たんは分析する。なるほどな、の一言。
続きを読む >>
ローマ人の物語X すべての道はローマに通す
ローマのすごかったのは、ローマ街道という長大なネットワーク、インフラを作ったことだけではない。それを維持しつづけたこと。維持するためのインセンティブも幾重にも設定されていた。街ができてまだ20年くらいしか経っていないのに、我が街の道路は既にボロボロ。何百年もインフラとして機能させてきたローマのスピリット、すばらしい。
続きを読む >>
ローマ人の物語XI 終わりの始まり
コミュニティのリーダーの正当性をどう扱うか、というのが取り扱われた巻。

養子縁組で皇統に引き込むことで、権威の移譲が奇跡的にスムーズに行われてきた五賢帝時代。

世襲は内戦の危機を事前につめる権力移譲の有力なシステムだけど、優秀な頭脳をリーダーに据えるシステムを止めることになる。一方、養子は優秀な頭脳をリーダーに据えられるシステムだけど、最後まで正当性の問題が残り、内戦のリスクを孕む。いろいろ難しい。
続きを読む >>
ローマ人の物語次ヾ躓,塙酩
大学入ってからすぐにでも、この本読んでおけばよかった。と思うこと連続の、安定の一冊。
パンとサーカスは娯楽提供ではなく、かなり精緻に設計された社会福祉政策だったんですね。
続きを読む >>