<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブロックチェーンは、量子コンピューターとのカーチェイスに競り勝てるか
これは新しい時代の幕開けだ!と興奮していたら、最後にものすごいオチがあったでござる。

ブロックチェーンにまつわる興奮は別記事に譲るとして、ブロックチェーンがいかに破壊力のあるイノベーションなのか、ということを、複数の証言を元に、スクリーン照射した渾身の一作。

これは「第四の波※1」だ!ブロックチェーンによって、AppleとかFacebookに搾取されているデジタルアイデンティティを奪還できるぜ、ひゃっふー!

…と思ってたら、きわめて大きな数字の素因数分解をものすごい超高速で実行できる量子コンピューターってのがあって、ブロックチェーンの公開鍵はだいたい解けちゃうよ、てへ。ってさ。

※1 アルビン・トフラーの「第三の波」の次、ってことです

Farewell to all brokers!! or…
Welcome to BIG BROTHER
with the quantum computer??


すでに中国ではBIG BROTHERが本格始動しており※2、ジョージ・オーウェルの世界観が急速拡大中。しかも、そこに量子コンピューターが投下される。中国でのブロックチェーン技術、関連特許数は世界トップだし※3、杭州にブロックチェーン工業団地なるものも作ってるみたいですが※4。ある程度の仕組みが整ったタイミングで、量子コンピューターの制御下にごそっと入らないだろうか。ブロックチェーン関係者 in China の生の声をぜひとも聞きたいところ。

とはいえ、ブロックチェーンであれ、量子うんたらであれ、今後はあらゆるものに履歴がつく流れは必定。その履歴をAIが自動的に引っ張ってきて業務のマッチングもしちゃう。それは、仕事の要件定義が非常に求められるシビアな世界なわけで、エコシステム※5が成長する分水嶺が、発注能力の有無に収斂されそうな予感ビンビンです。YESとNOの単純な質問項目で構成されたタスク設定を、現在業務の海から拾ってくるのはなかなか歯ごたえがあって、顎が疲れそう。。

※2 14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格始動へ準備  
※3 China leads blockchain patent applications       
※4 中国、ブロックチェーン工業団地開所、100億元のファンド創設も発表
※5 もはや「組織」という枠組みが古いような気がして、エコシステム(生態系)という言葉を使ってみました



また、DAppを利用したリアルタイム在庫管理で、商品の受注が自動的に工場に入ってくるという近未来。これまで人間がやっていた折衝・交渉という概念はなくなり、冷徹なデータによって、最適解が弾き出されます。
しかも、人間はネット上の自律エージェントとデスマッチ。
非生命のアプリが繰り出す恒常的パフォーマンスに霊長類最強のホモ・サピエンスは勝てるのでしょうか。ぼくはちょっと自信ない。。

あと、個人的なオススメは、巻末の若林恵さんによる自作自演インタビューです。
自己ってこんなふうに客体化できるんだ!と新鮮な驚きとともに、グイグイ引き込む文章力に舌を巻きすぎて、脳内口中でサクランボの枝をクロスできました。この若林流表現手法、どこかで試すぞ。うむ。

以下、雑感。

2014年にフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドで世界初のブロックチェーン結婚式が行われた。婚前契約をブロックチェーンに書き込む例が出てきた。そして、同僚の河崎くんが2018年4月にやはりブロックチェーンに結婚の履歴を残している。なんだかぐっと身近に感じる。

あと、この本に書いてある、ブロックチェーンを阻む壁(課題)は2018年5月現在で、どこまで解消されているですかね。教えて、佐藤くん!

以上、ごちそうさまでした!
続きを読む >>
次の破壊的イノベーションは、ブロックチェーンである
金融セクターの人とコアなブロックチェーン・トークをするときのネタ本に使えると思う。
たぶん。

これは本物の技術だ!

と著者が熱く語るくらい、本書の主眼はとにかくブロックチェーン。
ブロックチェーンが中核技術のBitcoinは、豚カツのキャベツ扱いです。
キャベツ美味しいけど。

ただ、第5章以下が、金融関係者向けのコアトークでそこそこハードです。コルレス銀行とかノストロ照合とか。注釈ついてるけど、テクニカルで、呪文感がすごい。。

日銀で法定通貨の電子化のプロジェクトに関わっていただけあって、「具体的に運用しようと思うと、〇〇な課題をクリアすべし」と、とにかく運用面を意識してブロックチェーンを解説しているのが本書の特徴。

2100万BTCという発行上限、リワードの4年ごとの半減の仕組みを知ると、Bitocoinは通貨にはならず、投機目的の金融商品(FX)になる、という著者の主張に強い説得力を感じる一方で、資産の保蔵先として、現在の法定通貨が今後も安定して支持されるかというとムムムな感じ。世界的な金余りで仮想通貨がバブったように、社会の「信用」はこれからも投下先を求めて彷徨うし、一連の暴投暴落で仮想通貨オワコン、というわけでもなさそうに感じる。

それから、各国中央銀行の取り組み。

銀行から預かった法定通貨を中央銀行が電子通貨化し、銀行間取引に利用させ、その日の終わりに回収、法定通貨と変換する、という仕組みは確かに銀行間取引コストを下げるなーと。特に海外送金などで、銀行の手数料が下がることに期待感が高まります。リップル・プロジェクトはじめ、どこが国際金融の送金プラットホームで主導権を握るのか今後の動きに注目したい。

あとは、読んでいてい、ずっと頭の片隅にあったのは、

これから、トークンエコノミーが
緩やかに重層的に広がるなかで、
既存の金融リテラシーの
どこを押さえておけば良いのだろう


ということ。

円やドルに信頼を持てないから、仮想通貨をもっている、という人たちは、上位1%が90%のコインを保有しているという早い者独占のBitcoinに、どういったインセンティブを感じて手を出しているのだろう。リスクヘッジとか、そのあたりのスタンス、超聴いてみたい。

もう一つだけ。

2000年にシンガポール中央銀行が法定通貨の電子化をしようとしたけど、決済端末を国内の隅々まで行き渡らせるコストが高すぎて断念。いまは、スマホ普及率がたかいので、そのインフラコストの壁を超えた、という話。
スマホ決済@中国のアイデアはたくさんの先例の上にあったのね、というのが新鮮でした。

ごちそうさまです。
続きを読む >>
お金2.0 新しい経済のルールと生き方
新しい働き方、共同体、経済圏を創ろうとしているんだけど、ざっくり世の中の方向性はどっち向いてるの?と迷子になっている人向け。

著者のブログ。
「お金2.0」で書いてあることを、もう少し文字量多めに書いている。というか、ブログの記事を本にドリップした感じなので、やっぱり、「お金2.0」を読むのが一番てっとり早い。「採れたて新鮮な佐藤さんの思考が欲しい!」という方は、ツイッターもおすすめ。

佐藤 航陽のブログ
http://katsuaki.co/?author=1

著者ツイッター
https://twitter.com/ka2aki86

ブロックチェーン、IoT、仮想通貨など、ぱっと見、関係なさそうなキーワードも「分散化」という同じムーブメントなんだよということを教えてくれて、「そっか!目から鱗!」って気分になった。

「お金2.0」が何より優れているのは、専門用語を意図的に使わないように書いてくれていること。


ロジックのATフィールドが弱いのです。つまり、人に優しい。

しかも、にくいなーと思うのは、「で、実際、具体的にどんなサービスやムーブメントが起きてるの?」という当然の疑問にたいして、胃もたれしない程度に事例を紹介してくれて点。

AIとブロックチェーンで自動運用される無人のヘッジファンド「Numerai」とか、「え、マザーコンピューター?手塚の?」ってビビった。これはファンタジーじゃない。実際にこの瞬間も稼働しているんだ…

ぼくはといえば、自分の価値を上げる職場環境に恵まれているので、地道に価値を揺籃していきたいと思います!以上!
続きを読む >>