<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アウトプットを用意していないインプットはむしろ害になる
口癖が「成長」なんだけど、
なんのための成長なのか
腹落ちしていない人


に捧げる一冊。

宮城谷作品で「志とは!」みたいな硬いテーマの本を読んだ後だったので、ステーキの後のデザート感覚でペロリといけました。

キラキラした目標はしんどいぞ
他人と比較するのは合理的でないのでやめよう

という至極真っ当な現実を、ちきりん節を効かせて調理。「あなたが当たり前に感じているそれは、本当に当たり前なのか」が本書のメインテーマ。

いきなり最高峰(大きな目標)に弾丸アタックするのではなく、峰々のキャンプ(小さな目標)を少しずつつないで前進しようぜ、という説法は腹に染み入ります。たしかに目標を細切れにしたほうが楽だし、長続きする。

その道のトップについていくのは、めちゃくちゃ大変で、
認められようと無理して、美学を拗らせている人が多い。

どんだけ、美学で完全防備しても、その道のトップランナーが繰り出すアウトプットと自分のアウトプットとは比較になりません。理想の自分に近づくためのツールはずだったのに、いつのまにか自分を追い詰める悪魔の道具に変わっていたのなら、その美学(高い目標に挑む姿勢)はさっさと手放したほうが、気が楽です。ちきりんが言う、まさに「合理的」。でも、ストイックな星の下に生まれた人はなかなか美学を手放せないんですよね。ボクは病気という激痛の産道を潜ったことで、多少は手放せましたが、まだ両手に持ってるし…

あと、「人類皆平等」という幻想が人を苦しめるという指摘にも、ふむふむと頷きながら読み進めました。各人が備え持つスペックも外的環境も同じではない。比較して、訳も分からず「成長」を追い求めるのは、砂漠で蜃気楼に向かって歩くようなものだからやめようぜ、と。


中でも一番、今の心にクリティカルヒットしたのはこちら!

アウトプットのないインプットは
根詰まりを起こして、人格をこじれさせる


ロケットに例えると、目標に向けて成長エンジンをふかすとき、エンジンから炎が全然噴射されていない状態。でも、燃料は注入されつづける。あっという間に爆発しちゃいますね!

本書を読んでから「今からのインプットは最終的にどんなアウトプットとして錬成されるんだっけ」と思うようになりました。言葉を変えると、アウトプットがイメージできないインプットは消化不良を起こして、精神的体調を悪化させるので避けようという意識にチェンジしました。

最後に、「充実した休日」という表現が矛盾しているという指摘も納得です。休日なんだから、ゴロゴロしなきゃ。周りを見渡しても、オンオフがしっかり切り替えられる人は傾向として、安定したパフォーマンスを出せています。そして、歳を重ねていけば、本人の意思と関わらず、マジでゴロゴロして何もしない状態にしないと、HPゲージが回復しません。
休日もキラキラをアピールする人、自分の自信のなさと正面から向き合って、解脱しましょう。

なんだかんだで、アウトプットに1ヶ月半かかりました。ごちそうさまです。
続きを読む >>
アンガーマネジメント入門
パワハラ研修を開発する上で参考になるかなと思って、図書館から予約した本。
「580円+税」でちょうどいい分量の本でした。改めて、著者である安藤さん、ビジネスセンスすごいなー。

最近は怒る環境に身を置かないようにしているので、「さあ、あなたも確認と対策をやってみよう!」と本に言われても、思いつかなかったのでなんですが、今、仕事などで絶賛イライラ中のあなたの心を整理するにはもってこいかもしれません。

一点気になったのは…
コーピングマントラ・・・・・・魔法の呪文を唱える

 衝動のコントロール方法をもう一つご紹介しましょう。
 それは「コーピングマントラ」です。「コーピング」は「対処」のことで、「マントラ」は「呪文」のことです。「魔法の呪文」と言い換えることもできます。
 カチンときて怒りが爆発しそうになったり、ものすごくイライラしてマイナスの言動をしてしまいそうなときに、自分の中で言葉(呪文)を唱えることで、自分を落ち着かせる方法です。
 具体的にご説明していきましょう。
 システムエンジニアの桜井さんは顧客へのシステム納品を前に、ここのところ1ヵ月は不眠不休に近い状態で働きずくめでした。
 仕事の忙しさ、納期に間に合わせなければいけないというプレッシャー、なんでこんなに働かなきゃいけないんだという不満とで、毎日イライラし、ストレスで怒りっぽくなっているところでした。
 こんなときは自分を落ち着かせたり、勇気づけたりするのに有効な言葉を用意して、自分自身に言いきかせます。
 桜井さんは、部下が忙しさのあまりミスしたときには心の中でこうつぶやきます。
「大丈夫、なんとかなるさ。部下をムダに叱ったところで何も変わらない」
 帰りの電車の中で、くじけそうになるたび、
「納期の1週間後が過ぎれば、すべてが終わるんだ。あと1週間だ」
 上司にミスを怒鳴られると、
「上司も忙しいせいでイラついているんだ。悪気があってのことじゃない」
 と、こういうセリフを何度も心の中で繰り返したのです。(p98-99)

いや、これ。アンガーマネジメントの範囲を超えてて、まず休憩取るのが先決でしょ。

でも、「1ヶ月不眠不休」っていうのが、たぶん業界的に当たり前なのよね。
だから、この文脈が成立しているのよね・・・つらたん。。
「うつ」とよりそう仕事術
評価:
酒井一太
ナナ・コーポレート・コミュニケーション
¥ 1,512
(2011-12-20)

制約がある中でどうやって生計を立てていくか探り探りなんだよねーと知人に話したら、オススメされた一冊。
「自ら命を絶つ」的な文章や単語がでてくるので、要注意。

うつのひとがどう感じているかを知るうえで、とても有益です。著者がトライしてきた実践が参考文献とともに解説されていて、「これなら自分もやってみれるかも」と救われた思いになる人もいるんじゃないかな。

ちなみに、ぼくはうつではなく不安障害なのですが、たぶん、周りはどう接していいか分からないので、著者のようにもっと情報配信したほうがいいのでしょうねえ。。
続きを読む >>
初めてのアンガーマネジメント実践ブック
パワハラ研修開発の参考にならないかなーと思って図書館で予約した本。半年経って、やっと手元に。

ネット診断と組み合わせて、アンガーマネジメントを勉強できて、商売の見せ方としてうまいなー。というのが、読んでみた感想。
本には個別のアクセスコードがくっついていて、それを使うと、アンガーマネジメント診断を受けられる。で、怒りの特性は変わるものだから、定期的に受けてみてもいいかもね!という伏線を文中にいくつか置いておく。診断と新しい知見の取得も込みで1,500は安い!と思いました。

あと、物事は「主観」「客観」「事実」に分かれるが、主観が先行しがち、という指摘はごもっとも。ぼくが社会人になって一番トレーニングされたのが、この三つの振り分けでした。新社会人の時にこの本を読んでたら、もっとチューターの助言が耳に入りやすくなってたかなー。
続きを読む >>