<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Design the World_8
状況に応じて、問題を発見し、
自ら環境を作りながら解決するのが、
生きたいように生きるコツと思うんだ
玉利康延(Yasunobu Tamari)


Q:どんなことをしていらっしゃいますか?

地域のブランディングやデザイン業、というと勘違いされそうで、最近「なにをしているように見えますか?」って聞いたら、「風土に根ざしたものを、他の人に伝える人ですね」と、言われた。まあ、そうだよね(笑)。

その土地にあるものを徹底的に調べ尽くす。歴史、風景、植生、作物、食べ物。もともと文化人類学者の竹村真一先生のところで勉強してたから、どこに行っても、民俗学的なところに目がいくんだけど。とにかくまずカメラを持って、現地のことをよく知ってるプロデューサーと一緒に『かみさま』を探すのね。八百万の神(やおよろずのかみ)と言ったほうがいいかもしれない。

行った先の風土にどういう『かみさま』がいて、そこからどのような恵みが、作物や食べ物として出現するのか。風土とその中で大切に育まれている暮らしの文脈を、丁寧に掘り起こす。土地に想いをもっている人や地域のブランディングを、ビジュアル表現的な側面からサポートする。それがいまの生業かな。


美味い、美しい、心地よい
 
そういう瞬間に
 
『かみさま』は姿を現わす



『かみさま』が現れる瞬間には法則があってね。季節と人々が延々と営んできたことの延長線上に出てくることが多いんですよ。例えば、5月末の刈り取り直前の麦畑。夕方、夕陽の当たっている時間に、風がさぁーーーっと黄金の穂先の上を走るときに「あ、ネコバスが走った!」って。宮崎駿さんはそれを映画にしたのかなあと思ったり。

あとは、冬の日本海。能登半島の先端にある奥能登塩田村というところで、一晩、釜で塩水を炊き上げる体験したことがあって。漁師の番小屋で、強い北風の音を聞きながら、鍋を作って過す。たまに火の様子を見に行くんだけど、海は荒波、陸は吹雪で、こんなところ、生き辛いだろと普通は考えると思うでしょ。けど、冬の寒い時期でないと食べられない美味いものがたくさんあって。香箱蟹、鱈の白子、2月の一番冷たい水で作った日本酒。冬の日本海は豊かなんですよ。
続きを読む >>
Design the World_7
物事って裏側にまわってみると
近づいてみると、使ってみると
ちがう印象だったりするんだよね
鈴木菜央(Nao suzuki)

Q:どんなことをしていらっしゃいますか?

greenz.jp†というメディアを運営するかたわら、千葉でエコビレッジをつくろうとしています。

地球のなかで
 
自分が生かされているんだ
 
って意識する



――ぼくは常におもっていたいし、多くの人がそんな感覚をもって生きられたら、世界は変わるんじゃないか。greenz.jpをやりながら、媒体であって媒体そのものではない、何かと何かとの間――それを実態としてくらすことがじぶんの仕事にできたらおもしろいなっておもって始めました。
どんなものなのかわからないから、まずは色々やってみよう!「エコビレッジ」のような場所に訪ねたり、ひとの話をきいたり、記事を書いたり――東西南北、いまも訪ね歩いていて。最初は鎌倉でやろうかと考えた。けど、土地が高いし、飽和状態。おもしろいことをやっているひともおおい。もっとフロンティアがいいよね。
で、千葉を訪ねてみたら、ポテンシャルを感じたんですよ。東京に意外と近い(特急で1時間)、土地の値段が安い、同じ感覚をもつひとが徐々に集まりつつある。ワッと波がくるんじゃないか?早速、会社で「森の家(※1)」を借りた。賃貸だけど秘密基地みたいな感じ。週末ごとにみんなで遊びにいくようになった。もうすぐ一年たつけれど、だんだん地元のひとともつながるようになって。こどもを自然のなかで育てたいとおもっていたから、小学校に上がる前の4月に引っ越しました。千葉県いすみ市、未来をかんがえるのに良い場所だと感じた土地です。


greenz.jpのたちあげの詳細については、「ポジティブニュースの発信で世界を変える。」を参照のこと
※1
R不動産でたまたま見つけたログハウス。社員合宿の場としてつかったり、地元のひとをよんでパーティーをしたり、あたらしいくらしに興味があるひとが泊まって体験できる場所です
続きを読む >>
Design the World_6
次々と面白いことができるようになる
どんどん広がるし
まわりが助けてくれますね
笈川幸司(Koji oikawa)

Q:どんなことをしていらっしゃいますか?

日本語学習について大学で講演をしたり、ここ1年は日本語の特訓班を北京、大連、西安でやってます。学生たちを励ます、勇気づける仕事ですね。2007年、2008年は北京を中心に活動してました(※1)
特訓班はもともと2006年に無料講座としてはじめました。コンテストで活躍するような優秀な学生をあつめて、即興スピーチや討論を学ぶんです(※2)。特訓班をはじめた当時は、それでお金をかせぐとはおもってませんでしたね。とにかく楽しかった、学生の成長をみるのが。先週と今週で学生の状況が全然ちがうんです。

サバンナの草花が雨期のあとにぐっとすごいスピードでのびるように、北京の春は1日1日で変化します。そんな北京の春のように、学生が一週間でむちゃくちゃ上達するんですね。急に伸びるんです。ほんとうに、おもしろいくらい!
そんなことを続けていたら、2009年に大連理工大学の出版社からお声がけいただきました。――連載をやってください。これが、「劇的にかわる秘訣シリーズ講座」のはじまりです。全国で7都市、この一年半でまわってます。

※1
北京だけで私立をあわせるて23校、日本語を学ぶ場があります
※2
最初の3人に佃さんの前職シンカの郭ちゃんもいたんですよ。世間ってせまいですね(笑)
続きを読む >>
Design the World_5
じぶんの生きかたそのものが
つねに仮説⇔検証なのかもしれないね
鶴 直人(Naoto tsuru)

Q:どんなことをしていらっしゃいますか?

ビジネスだと、BPOの会社をやってます、と名刺の肩書きみたいなことをいうんだけど。とっぱらって「じぶんはなにをしている人か」といわれれば、こう応える。

人間の「知の生産性を高める」仕事をしています


どういうことかっていうと、こんだけ世界で知識労働者がふえてると、おなじスキルをもっているのに、国がちがうだけで労働単価がちがってくる。すると、労働単価の高い国から安い国へ、必然的に仕事は流れるよね。その結果、労働単価の高い国は、新しい付加価値の高い仕事をつくらざるをえなくなる(※1)
それって、新しい経済、新しい発想、新しい文化を産みだす原動力になるんじゃないか。ボクはBPOという手段をとおして、「知の生産性を高める」ことを後押ししている。あくまで一手段だけどさ。

※1 
「非必要」という言葉を恩師に教えてもらった。モノはある。なので、人間が生きるのに必要がないモノに価値をみいだす。そこにお金をはらう。資本主義社会が進めば必然的に非必要経済化していくんだ。
続きを読む >>
Design the World_4
勝手にレールがひかれてってる
感じがするんです
ぼくはそれをただ受けとっていく
関 太郎(Taro seki)

Q:どんなことをしていらっしゃいますか?
 
ぼくは、合気道を教えながら、「縁旅」というのをやっています。合気道は埼玉に道場が3つ、神戸に2つ。道場の運営は現場のスタッフがやってくれているので、ぼくは巡回しながら指導しています。生徒もそうだけど指導する側にも教えますよ。教え方のちがいですか?原則はまったくおんなじ。伝える方法が少しちがうんです。どう違うか?

例えば、ふつうのひとだったら
 
「ひくだろなあ」と思うことも
 
言っちゃうんです


相手の想いが真剣だから、ぼくもそれに比例してアドバイスをする。互いを引きだしあうのを意識しているから驚きはありませんよね、むこうも。
具体的に?最近だと、東京にいままでとはちがった形の合気道の学校をだす、という話がある。4人のスタッフが、「やりたい!」と手を挙げてくれました。それで、相談があったんですね。――どうやって学校を運営していけばいいですか?そのときおもったんです。ただ返事をするんじゃなくて、かれら自身のなかにあるものすごいやる気・想いの強さを気づかせよう、まだ潜んでいるマイナス部分も同時にみさせよう。で、「よし山に行くぞ!」とつれて行きました。直感なんです。突然、山だ!と(笑)。登っていくと崖が。リーダーが極度の高所恐怖症で、なかなか前に進めない。このままだとゴールにいけない。日も暮れちゃう。
「・・・・・・登りたい?」
「はい!」
「・・・・・・じゃあ登ってきてください」
「はい!」
けれど、リーダー、登ってこれません。意地悪だから、ここでききます。
「・・・・・・東京の学校もこれっくらい大変だと思いますよ?」
「はい!」
そうすると、シンクロがおきてくるんです。
続きを読む >>
Design the World_3
○か×かじゃなくて
なにをじぶんはやりたいのか
その想いをもちつづけることだよ
恵良 隆二(Ryuji era)


Q:どんなことをしていらっしゃいますか?

基本的には街造りにかかわる仕事をしているよ。舞台は、いまは丸の内。じゃあ、なにをやっているのか。入社して10年ほどは計画立案や設計をやっていたけど、いまは街の運営。そこで文化を創れないか、人を育てられないか、働いている人のサポート施設をつくれないだろうか――たとえば、医療、社会人教育機関、とか。いまの仕事は5つぐらいの分野にわたっているね。

1 街を広報する(プロモーション)
社会に街の良さをつたえる。広報・メディア、行政、街づくり関係のひとたちとの折衝。雑誌に出稿する原稿のチェックなどもある。調査も大切だよ。

2 新しいビジネスをうみだす
丸の内から新しいビジネスを出していくことが、この街にとって重要。その時代時代にとって、活きのいいビジネスがうまれることが、街の活気の源につながるから。新しいひとたちがつながるきっかけを提供すること、ビジネスクラブやインキュベーションオフィスの運営。たとえば、「日本創生ビレッジ」―600人くらいの会員で、20くらいの小さなオフィスがある。ひとつのチームが取り組んでいるんです。

3 働いているひとを支援する
企業向けには、丸の内のインフラ整備。たとえば光ファイバー、データセンターや無線LAN化によるユビキタス環境の整備。ワーカー向けだと、女性専用医療施設、第2号・第3号の託児所の設営(※1)。学びの場だと、慶應丸の内シティーキャンパス、東京大学の経済学系の先生方との取り組みで公開講座「ものづくり寄席」というのもある。今度のあたらしいビルでは、金融人材の教育施設や外国人がつかいやすい医療施設なんかも計画していて。

4 街のイベントを企画する
街イベント(※2)。商業的な販促イベントというよりも、街全体の付加価値をあげられるような、そして街をしってもらえるような参加型のイベントをやる。近々だと「皇居一周のマラソン大会」。この街で働いているひとが4人1組で、いま、110組の応募があって。このペースだと160の枠はもうすぐ一杯になりそうだね。
街の情報発信。これはね、公共団体と一緒にやることが大切なんですよ。普段つかえない道路のような公共空間を上手につかって、地域全体でひろげる工夫をして。街並みや通り、地下の空間をこれまでとは違う見方でとらえることで――「通行」以外のつかい方を提示したりして――、新しい価値を見いだす。コミュニティー空間のようなある種の地域意識がうまれてくる可能性を考えてみても良いかもしれないよね。
それから、小さなコミュニティー空間でトークをしかける。たとえば、大使館シリーズ――大使館とその国の文化や歴史、食べ物を紹介したり。スポーツではオリンピック選手のトークとか。アート関係だと、都内の美術展のキュレーター(学芸員)のトークイベント。句会も時々あって(※3)丸の内cafeのようなコミュニティー空間でミニイベントをこじんまりやって、思わぬ人が登場したり、面白いですよ。

5 美術館づくり
三菱一号館という歴史的建築を復元し、美術館として運営すること。去年4月に建物は竣工して、今年4月に美術館としてオープンします。今、オープンに向け準備中。

※1 
第1号は東京ビルにあるんですよ
※2
年末の光のイベント、春は若手アーティストの発掘支援、それから、花のイベントとか、秋は東京芸大との「藝大アーツ・イン・丸の内」。「カウパレード」では公共サイドの理解が必須です。
※3
その句会でポスターやチラシ制作や空間をアレンジしてくれた若い人達が国際的なデザイン賞をとったりしたんですよ。
続きを読む >>
Design the World_2
目のまえのものに
真摯にとりくむことが、着実に
「常識」をかえていくんだと思う
湯川 伸矢(Shinya yukawa)氏

Q:どんなことをしていらっしゃいますか?

ソーシャルブリッジ株式会社というのをやってるんだ。いまの日本には、2つの存在があってさ。社会にとって意味のあること、困っているひとを支援するNPO・NGO。それから、形だけでなくて本気でCSRをやっている企業。話を聞いてみると、NPO・NGOは「あんな大手企業なんて形だけでしょ?」っていう。企業は「NPO、NGOってどこまで信頼できるの?」っていう。せっかく良いことをやっているのに、お互いを知らない、知ろうとしないことがよくある。

じゃあ、俺がお互いを翻訳できる場所を創ろう、というので始めた会社。
でも、すぐにお互いに理解するってのはなかなか難しいじゃん?だから、まずは、それぞれの活動を映像にしてサイトで公開したり、それぞれが気軽に参加しやすいように単発的なプロジェクトを続けている。助成金とかの中間支援をしている財団と協力したりね。まずは仲良くなることが大切だと思って無料で色々なお手伝いとかもやったりもしている。
続きを読む >>
Design the World_1
"I"を"We"にするための場づくり
これがつぎの目標かな
嘉村 賢州
嘉村賢州(Kenshu kamura)氏

Q: どんなことをしていらっしゃるんですか?

場とつながりラボ home's vi」というNPOをやってます。
「場」と「つながり」の専門集団で、たとえば会議とかアマントみたいなカフェのようなヒトとヒトが複数重なりあう場で、ともすると埋もれがちになる個性を活かせる場をつくる、ということをやってる。場づくりをつうじて、個々人が輝くこと。そんな個人があつまることによって、クリエイティブな価値をつくっていく。そのお手伝いだよね。
試行錯誤しながら場づくりの研究もやるし、調査研究で海外の事例を勉強して現場にもってくるということもする。まちづくりとか教育とかNPO支援とか。そうした現場でえられた知見を素材にしてつぎのアクションにつなげていくことをやっている団体。具体的には大きくふたつある。
続きを読む >>
"Design the World" 自らが創る世界

――Design the World

それは、じぶんには可能性がないのではないか、価値や能力が充分に備わっていないのではないかというおもいこみに替わって、じぶんには世界を、未来を創る可能性があると、創造する価値や能力があるとを信じることである。また、力まず、相対的な評価に惑わされることもなく、こころと身体からわきあがってくる「内なる声」に耳をかたむけて行動することである。
「会社は、国はなにもしない、してくれない」「わたしたちは恵まれない世代なのだ」
いや、思考停止はもったいない。
会社に所属し、国を構成し、世代をかたちづくるのは、なにをかくそう「私たち自身」だ。同様に、私たちが「あちら」の存在として認識する『世界』というものは、じつは私たち一人ひとりの世界とつながっている。『世界』をかえるのは、会社でも国でもましてや世代でもない。私たち一人ひとりの世界であり、その世界を認識する私たち自身だ。

一人でも多くのひとが自分の可能性、価値や能力を信じ、自分をあり方を変化させることで世界を変えていくこと。その背中をおす一助として、12人の”Design the World”をこの一年間で紹介しようとおもう。

「もともと、問題を作り出した者や彼等と同じ考え方が変わらない限り、問題の解決は不可能である」20世紀を代表する有名な物理学者アルバード・アインシュタインもそういっているじゃないか。