<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
パワハラ防止のための アンガーマネジメント入門
アンガーマネジメントをカード研修にできないかと考えて、参考資料として手に取った一冊。

内容は、怒りの感情は当たり前のものだから、それに蓋をするんじゃなくて、うまくいなしていきましょうよ、と。
大変わかりやすい本の構成で、アンガーマネジメント初心者にはうってつけの本だと思います。
続きを読む >>
HOLACRACY
役職をなくし生産性を上げるまったく新しい組織マネジメント
評価:
ブライアン・J・ロバートソン
PHP研究所
¥ 1,836
(2016-01-23)
コメント:変化の激しい環境で生き残るための新しい組織の形、ホラクラシー手法の解説本。あくまで訳本なので、実感値に限界がある。日本人による、日本での実践事例が載った本を切望します!

最新の組織論をキャッチアップするために手に取った本。細胞の活動動画とか、人体の仕組みとかに想いを馳せながら読むと、書いてあることへの理解が深まるような気がします。

個人的にはDynamic Steering(動的運用)がツボりました。

ガチガチに目標を立てて、突き進んでも、現実は凸凹道。計画通りにすんなり前進はできない。なら、ざっくりとした方向性はもちつつも、一山一谷超えるごとに、現実に即して行動を変えていきましょうという考え方。


読んでみての疑問、所感はこんな感じ。

\嫻い噺限を個人から「役割」に移管するメリットは理解したけど、役割にたいする評価(給料)の正当性はどうやって生じるのだろう

▲曠薀ラシー型組織内の情報量は莫大かつハイコンテキストなので、マルチタスクをジャグリングする人でないと息継ぎできなさそう

「ホラクラシー憲法」という言葉が示すとおり、遵法意識の変革と持続が求められそう。組織の意思決定プロセスを根底から変える、という作業は、商鞅の変法(律令制定)にシンクロする部分があると感じた。
続きを読む >>
エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする
だれに勧められたか忘れたけど、図書館で予約していた本。
サンクコストの罠にかからず、自分の人生にとって本質的かつ「今」成すものはなんだろうか。それを言語化して、注力しよう。他には目もくれずに。というのが本書のテーマ。
精神的断捨離のハウツー本、とも言えるかも。
続きを読む >>
アイデア・メーカー: 今までにない発想を生み出しビジネスモデルを設計する教科書&問題集
評価:
山口 高弘
東洋経済新報社
¥ 2,376
(2015-01-09)
コメント:これでもかとフレームワークが詰め込まれている、スタートアップのためのマーケティング弁当。ここまで綿密にロジックを組んで、成功している事業ってあるのかな?とふと魔が差した。

にぴおさんに勧められて読んだマーケティングの教科書。
新規事業を立ち上げるためにどのステップを踏んだらいいか、という一例をロジック細やかに紹介している。
参考になるといえば参考になるかもしれないし、参考にならないといえば参考にならない。いずれにせよ、本書を読解・応用しようと思うと、ある程度の論理思考力が必要。そして、どうやらぼくにはソレがなさそうだという。。。orz
続きを読む >>
SONYとマッキンゼーとDeNAとシリコンバレーで学んだ グローバル・リーダーの流儀
評価:
森本 作也
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥ 1,620
(2013-11-29)
コメント:シリコンバレーに進出する前に読んでおくと良い本。でも2013年なので、最新状況については著者に直接、問い合わせて聞いたほうがいいかもしれない。戦前の日本人は異文化でリーダーシップを発揮できた。その忘れ去られた能力に再び目を向けよう、という最後の言葉が胸にグッとくる。

友達に勧められて読んだ一冊。
副題の「SONYとマッキンゼーとDeNAとシリコンバレーで学んだ」がいらない気もするけれど、日本企業と欧米企業とのギャップを5つの視点から掘り下げている。労働観、組織、人材育成、コミュニケーション、リーダーシップ。

下記でも引用してますが、組織のトップがビジョンを明確に言語化し、それをさぼらず何度も丁寧に社員に伝えていく作業は、日本企業でも必要なことだと思う。
続きを読む >>
嘘つき大統領のデタラメ経済
THE GREAT UNRAVELING...Losing Our Way in the New Century
評価:
ポール・クルーグマン
早川書房
¥ 2,376
(2004-01-09)

ちょっくら時間ができたもんだから、未公開設定になっている書きかけのブログを整理していたらでてきたエントリー。3年半前の書評なので、正直あんまり覚えていない。
けど、まあ、こんな本も読んでいた、ということの備忘としてアップ。以下、当時の書きかけ文をそのまま引用。

======written on 2011.06.10 Friday=======

電力自由化の先行事例が載っている!


目次をよんでいるときに目についた「カリフォルニアが叫んでいる/本物ではない規制/電力の値段」というキーワードにひかれて図書館で借りた。カリフォルニアの電力自由化の流れと一連の結末が、日本で再燃した電力自由化の議論の参考になると考えたからだ。
あにはからんやカリフォルニアの電力自由化とその後の大規模停電からわかったことは、市場が簡単に暴走するということだった。市場が暴走しないインセンティブとはどんな形があるのか、民営化前に充分に議論し制度化することが必要だよとクルーグマンは本書で主張している。詳しくは第12章「カリフォルニアが叫んでいる 308-326p」参照のこと。

さて、この本がどれくらい優れているかというと……
本書の優れた点は、その減税政策から九・一一事件への対応まで、エネルギー政策から年金問題まで、マスコミの報道ぶりからFRB議長グリーンスパンの変貌ぶりまで、エンロン・スキャンダルから財政赤字まで、愛国的なパフォーマンスからその嘘とデタラメまで、その全体像を明らかにしていることである。日本で、いや、アメリカでさえも、これほど分かりやすく、単刀直入にブッシュ政権の真の姿、その「革命」の呆れた実態を伝えた書は少ないのではないか。(419p)

というくらい優れている、らしい。
続きを読む >>
さっさと不況を終わらせろ
評価:
ポール・クルーグマン
早川書房
¥ 1,785
(2012-07-20)
コメント:いまの不景気の原因は、経済のハードでなくソフトに問題があるとする著者。その解決方法はGDPの需要と供給のギャップをドスンと埋めるような財政出動だと論ずる。そんなことしたら赤字がふくれあがる?金利がべらぼうにあがっちゃう?はたまた財政破綻?数々の事例を引き合いにこれらの不安を一刀両断した一冊。

2012年の7月に出版されたポール・クルーグマンの一冊。

リーマンショック以降、不況が全世界をおおってはや5年目。
「これは構造的な問題だから、長期的視点に立って対策をとらなくちゃいけない!」などと言ってごにょごにょしたまま効果的な政策を打てずに、各国とも不景気のどの沼からなかなか抜け出られないでいる。

そうこうしているうちに失業者の技能や市場価値はどんどん下がるいっぽう。それはいまこの瞬間だけでなく将来世代の社会をも壊しちゃうことになるから、ちゃっちゃと手を打ちなさいよとクルーグマンは発破をかける。
その手法はいたって明快だ。GDPの需要と供給のギャップを埋めるようなドカンとした財政出動をしなさいよ、というもの。そんなことしたら金利があがっちゃうんじゃないかと心配する声に、流動性の罠にはまった経済ではそんなことはないよといくつか事例を挙げて大型財政出動を擁護している。


それ見ろといったところか、安倍政権になって日銀がインフレターゲットを2%に設定してなにがなんでもインフレをおこすと宣言し、政府が大型の補正予算を組んだところ日本の景気は上向き傾向に推移した。いまんとこ金利も上がっていない。さて、このあとこの本に書かれているとおり、不景気のどの沼からちゃんと抜け出せることができるんだろうか。


JUGEMテーマ:経済全般

予想どおりに不合理
評価:
ダン アリエリー,Dan Ariely
早川書房
¥ 2,100
(2010-10-22)
コメント:経済学の門をくぐる学生諸君、まずは手にとって読んでみよう!!すればあれほど教授が喧々諤々熱弁するのに、現実生活でしっくりこない経済活動のすべてが氷解するにちがいない!人間がいかに不合理に判断し、行動するかを実験を通して解き明かした最高級書籍。

4年ほど前に友人に呼ばれていった鍋パーティーの席で知り合ったとある頭のいい人から「おもしろいから、読むといいよ」と薦められた本。
じっさいに読んでみて、ああ、4年前に勧められたときにすぐに読んでいれば良かったのに、と悔やんだくらい示唆に富んだ一冊だった。

これまでの経済学は「人間は合理的な生き物である」という前提に立ってなりたっているわけだけど、ほんとうにそうか?と疑問に思った著者が数々の実験をへて「人間は不合理な生き物である」ことを証明する。それこそ心理学と経済学のあいだにあらたにうまれた行動経済学なわけだけど・・・目次は下記のとおり。
続きを読む >>
経済は感情で動く――はじめての行動経済学
評価:
マッテオ モッテルリーニ
紀伊國屋書店
¥ 1,680
(2008-04-17)
コメント:なんで「通販試供品は使ってダメなら一週間以内で返品してください、無料です」と言われても返品しないのか。なんで小さい金額同志の差異には細かいのに大きな金額になった途端にその差異をどうでもいいと感じるのか。ひごろの疑問がするっと解ける一冊。マーケティング担当者必読の書。

題名のとおり経済がいかに感情に左右されて動くか、というのを解き明かした一冊。

本書に書かれていることをつかってより正確に言うならば、経済がいかにして感情と理性の相互作用に影響されているか、となるだろうか。感情ですべてがきまってしまうという極論は書かれていません。

各章には最後にまとめとなる「教訓」が書かれているので読みやすい。
また、いろんな経済理論が紹介されているので、行動経済学、神経経済学を勉強するさいの出発点として読んでみるのもいいかもしれない。

個人的にツボだったのはあるCMの事例を引き合いにだして、いかに口でいう評価が当てにならないか、というのを証明しているのがおもしろい(後述引用292-293p)。以前参加したニューロマーケティングの講義を思い出した。マーケティング専門の方はぜひ一読を(もう読んでるかな・・)。
続きを読む >>
いまこそアダム・スミスの話をしよう~目指すべき幸福と道徳と経済学
評価:
---
マトマ出版
---
(2012-12-17)
コメント:アダム・スミスのことを書いているらしい本。言いたいことはスミスの主張は「利己主義」一辺倒じゃないよ、底辺には道徳的しばりがあるんだよ、ということをなよなよした文章で紹介している。読まなくてよい。

古典経済学をおさらいしておきたいなと思ってAmazonで調べたら検索上位にでてきたので、図書館で借りて読んでみた一冊。

結論から言うと、読まなくてよい。

「アダムスミスの考えは、利己主義一辺倒ではない。良心による監査が前提としてあって、はじめて各人利己主義で万事OKになる」という主張を言葉を替え品を替えくどくど説明している。
アダム・スミスを掘り下げる、というよりはアダム・スミスを土台にして自説の相撲をとる、といった感じか。講演録としてならすんなり読めるかも。

書中で引用される「国富論」「道徳感情論」原文のリンクをはっておきます。

国富論(日本語訳書籍は " target="_blank">こちら
道徳感情論(日本語訳書籍は " target="_blank">こちら


なお、両書を読む前に、「資本主義の世界史」に目を通して、時代背景を押さえておくことをオススメします。あと、道徳と社会システムをどうリンクさせるかについては福永光司「老子」なんかがオススメ。老子だけでなく孔子、孟子、荀子などの儒家にはじまって、シッダールタ(仏陀)や親鸞などの仏教、マルクス・アウレリウス・アントニヌスなどのストア派の考え方が網羅、比較されていてとても勉強になります。