<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「人脈」と「つながり」のちがい

つながりは放置しても、勝手に育っていることがある  写真:雨のち時々いつか晴れさん


動けるようになってきた昨今。時々、初対面の方に

「ハルさんは人脈がありますね」

と、声をかけられることがあります。
そう言う人には折を見て、

「さっきの方も、人脈ではなくて、つながりですよ」

と答えています。


人脈とつながりと。ぼくの中では明確にちがいます。
結論からいうと、今のぼくには「人脈」はないけど、「つながり」ならある。

では、この二つの言葉には、どのようなちがいがあるのでしょう。
続きを読む >>
価値ロンダリングの誘惑にかられる人の構造解説
社会人になってから、数学を概念説明の道具で使うようになった。学生の時は苦手だったんだけどなあ。哲学の純度を高めようと煮詰めていいくと、最後は数式に落ち着く。

今日は、価値ロンダリングの誘惑にかられる人の構造解説。


続きを読む >>
人間関係における熱力学第二法則
要旨:
熱力学第二法則は人間関係にもあてはまる。
「孤立系」のコミュニティにうっかり足を入れてしまったら、早々に離脱するか全力で距離をおこう。でないとあなたの精神的資本・社会的資本は古参メンバーに食い尽くされて、気づいた時には廃人カテゴリに浸かってた、てなことになりかねない。
変化に富んだ豊かな人生をすごしたいなら、常に新しい世界と接触して外部エネルギー・物質を受け入れる「開放系」でいるか、メンバー固定でも外部エネルギーを常に受け入れるこころの度量をもった「閉鎖系」のコミュニティに属するか、どちらかのスタンスをとろう。
続きを読む >>
近況かたがたご報告まで
年が明けてはや3ヶ月がたちました。みなさんあけましておめでとう。
本年もよろしくお願いします。

最近のじぶんのブログを読んでみると、中国の作家・韓寒のブログ翻訳記事と書評しかないことに気がついたので、たまにはじぶんのことも書こうかと思いました。といっても特に書くこともなかったりしますが。。

本格的に体調を崩して約一年半。「体調どう?」と連絡をもらいますが、結論は「変わってません」です。全然、元気じゃない。昨日もお風呂に入りながら寒さにふるえておりました。体調の推移はざっくりこんな感じです。
続きを読む >>
愛在哪裡「愛はどこにあるんだ」
中国男子の悩みの声
中国語の勉強がてらメロディーがきれいな中国語の歌を探していた。そしたらこの曲を見つけた。王力宏の「愛在哪裡」。

歌詞は下記参照のこと。
中国の男女比率は約120:100、男性のほうがおおい。結婚競争もはげしくって社会問題にもなっている。「あ、この子といいかんじになってきたかも」とおもっても財力がないと他男子に彼女がなびいてしまうことも多々。なんといっても中国の結婚には自家用車と持ち家が必要で経済力のない男には女性が結婚相手にえらばないわけで。いったい何億人の男子が結婚できずにこの歌を聴き続けることになるんだろうか。歌詞に共感する中国男子はおおいんだろうな。。

続きを読む >>
最近は、こんなこともやっております
ただいま、じゅんやくん(@JUNYAmori )から最近のsocial mediaの使い方について講習をうけております。
1日五〇〇文字でもいいから、毎日更新することがページビュー数をふやすことを教えてもらいました。ので、五〇〇文字でいまやっていることを簡単にご紹介。

プロフェッショナルの基礎となる人間力養成講座


リンク先にもはってますが、毎月一回、銀座の資生堂パーラーで行われるグローバルマーケティングの勉強会に参加。写真撮影、議事録作成と今期のWEB管理を担当しています。
結構、議事録作成に時間がかかって週末はこの作業でつぶれることも・・・。いま、ほかの講座生の強力をあおぎながら、編集することを検討中。議事録まとめるととっても情報が整理されて身につく。おすすめです!



こんな感じで議事録をまとめておりまする...

JUGEMテーマ:日常


きけ、わだつみのこえ−巨艦時代の終焉−

第二次世界大戦の末期、沖縄に一隻の戦艦がむかっていた。――戦艦「大和」。同型鑑の「武蔵」とともに当時世界最高峰の技術を駆使してつくられた全長250mをこえる巨大戦艦。海戦では負けることがないといわれていた。が、「大和」の最期は海戦ではなかった。制空権をにぎったアメリカ軍航空隊による集中砲火により、あえなく沖縄にいきつくまえに鹿児島沖で沈没する。その戦艦「大和」と、いまの日本の大企業の姿がぼくには重なってみえる。すこしまえにtwitter上で話題になったローソン新浪社長の発言をそえて。
続きを読む >>
一身独立して、一国独立する

だいぶん前になるけれど、ある晩、社長さんとお酒をご一緒した席でこうおっしゃっていた。
「民主党はダメだよな。まったく政治をわかっちゃいないよ」
「新人国会議員にたいして勉強会って、あれはないよな」

昨日、うたた寝しながら聞き流していたラジオから鳩山総理辞任のニュースにたいする街のおばちゃんの声がきこえた。
「なんだかもうちょっとしっかりしてくれると思っていたんですけどねえ」
「なんだか期待したぶん損しちゃったわ」

誰かと話をしても、街を歩いていても、テレビやネットを覗いてみても、あっちこっちに「ダメだ」「期待ハズレ」という言葉を耳にする。家の中でも、会社の中でも。とにかく、どうやら「期待」がべらぼうに高くて自分はまったく手を貸さずしてまわりを囲んでやあやあ言うひとが多いらしい。失敗したら、はい、終わり。責任者出てこい!お前は用済みだ!と。

でもさ。内田先生がおっしゃるとおり、主権在民の民主主義国家において、責任者=政治の主体者はぼくら一人ひとりなんだよ。短期的に失敗したからってどんどん首をすげかえっていって、いったいどんな理想のリーダーをもとめているのさ?

むしろ、首のすげかえを繰り返すことでだれもリーダーになりたがらなくなって、どんどん問題が悪化していく一方にならないだろうか。
続きを読む >>
縁旅イベントー100人達成会ー
4/29にご縁でお会いした縁旅太郎さん主催するイベントに、夜行バスにのってかけるけた。
当日は、縁旅太郎さんがご縁でおあいした100人と、その友人・知人が大阪の中津にあつまった。
いろんな出し物があって、おもしろかったなあ。

続きを読む >>
11才のボク、お待たせ。
昨日、ボンちゃんに退行療法をやってもらった。
なんとしても早急に、長年の宿敵「冷え性」を克服したかった。
口にするものや着るものに気を配っても症状がいっこうによくならないので、よもや原因は心にあるのでは?とおもってお願いした次第だ。



まっ暗な部屋のまんなかに白熱灯のスタンドがひとつ。おぼろげに部屋を照らすその横を縫うようにスピーカーから心地よい音楽がながれでていた。
マットのうえに横になって目をつむる。視界から明かりが消える。ボンちゃんの語りが始まる。

音叉がなって、部屋全体の波動がかわって、小さいときに、それも赤ん坊くらいのときにふかふかの毛布でくるまれて子守唄のなか眠りに落ちていくような、そんな感覚におちていった。
なんだか自分の背中におっきなタコ壷みたいな黒い空間があって、そこに吸い込まれていくみたいな感覚。
どんどん背中から自分の心がすいとられてまっ暗なタコ壺のなかにしまわれていく。眠りに落ちるそのすぐ手前で止まったままの状態。

そこには11才のボクがいた。


映画館にはぼくしかいなかった。

いつもの白いシャツをきて前屈み。両の拳をかさねてにぎりながら目の前のスクリーンをじっとみつめている。
しばらくすると、パチパチッ、パチパチッという音に合わせてスクリーンに映像が映し出された。タイトルは「冷え性の原因になった瞬間」。しばらく画面がかすれたコマがながれて、やがておもいだしたように音声もついてきた。

taken by APES!!!'
続きを読む >>