<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サピエンス全史 上巻
評価:
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
¥ 2,050
(2016-09-08)
コメント:ホモ・サピエンスの歴史。マッド・リドレー(生物学者)とかロミラ・ターパル(古代インド史家)とか、アルビン・トフラー(未来学者)とか読んでるよ、あまり新鮮味はないかも。

「私たちの祖先は自然と調和して暮らしていたと主張する環境保護運動家を信じてはならない」という著者の主張が、具体的な数値や事実を伴って展開されていて、「うむ、これは信じるまい」と思った。人類の環境にたいする侵略、みたいな文脈が他の本にない視点で面白かった。

生物学的観点から、社会の発展を考察するなら、本書と同時並行で「赤の女王 性とヒトの進化」を読むことを勧める。人間の社会が生物の進化の延長線上にあることがよくわかるから。

システムとして社会の発展を考察するなら、や「富の未来(上・下)」を読むことをお勧めしたい。

牧畜から農耕に社会が変容し、そこに文字・数学・官僚機構・法律が生まれて行く過程を知りたいなら、「南アジア史 1」「国家の起源と伝承―古代インド社会史論」がお勧め。場所は古代インドと限定されるけど、20世紀の思想家たちが掘り掘りした地域・領域なので、面白いことは請け負います。有名どころでいくと、マックス・ウェバーとかカール・マルクスとか、古代インド史を研究してます。
続きを読む >>
「人脈」と「つながり」のちがい

つながりは放置しても、勝手に育っていることがある  写真:雨のち時々いつか晴れさん


動けるようになってきた昨今。時々、初対面の方に

「ハルさんは人脈がありますね」

と、声をかけられることがあります。
そう言う人には折を見て、

「さっきの方も、人脈ではなくて、つながりですよ」

と答えています。


人脈とつながりと。ぼくの中では明確にちがいます。
結論からいうと、今のぼくには「人脈」はないけど、「つながり」ならある。

では、この二つの言葉には、どのようなちがいがあるのでしょう。
続きを読む >>
GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
評価:
---
---
---
()

書評が放置されていた本、第二弾。「ぼくが普段読まなさそうな本をオススメしてくれ!」と言って、紹介してもらいました。

著者によると人間は3タイプに分けられるらしい。

ギバー:人に惜しみなく与える人)
テイカー:真っ先に自分の利益を優先させる人
マッチャー:損得のバランスを考える人

で、世の中で成功(この場合、金を稼いでいる)のはギバーで、世の中で一番損をしているのもギバーとのこと。テイカーは短期的には利益を得るかもしれないけど、成功したいなら、ギバーの爪の垢を煎じて飲め!と書いてある。

しかし、本書は凡百の「自己啓発書」ではない。著者は優れた研究者であり、本書で展開されている議論は、どこをとっても行動科学の理論と実証研究に裏打ちされている。論理が実に頑健だ。その点で本書は、個人的な経験や思いつきで書かれた自己啓発のビジネス書とは一線を画している。



と冒頭には書いてあるんだけれども、キャリアポルノ臭がきつすぎて読み止め、となりました。この本読む人って、マッチャーか一部のテイカーだと思うんだけど、読んだからといって自分が栄えあるギバーになれるわけでもなく。散々事例の間を連れ回して、この著者が何がしたかったんだろうと思った。テイカーの心理描写に熱がこもっている点を見るにつけ、少なくともこの著者はギバーではなく、テイカーなんでしょうか。

ちなみに個人的見解として、トップがギバーであることは短い人生経験の中からも「そうだな」と思います。

========================
と一年前には書いていたんだけど、その後、メンタリストのDAIGOの書評があって、そっちを見たほうが実際に本を読むより面白いことがわかりましたので、謹んでここに共有させていただきます。
 
 
メンタリストDaiGo×本屋さんTRIP 
メンタリストDaiGoの『選書してみた!』
http://www.honya-trip.jp/column/12/
続きを読む >>
日本の歴史をよみなおす(全)
名字の歴史を知りたくて手に取った本。
一年くらい前に読んで、気になるところを抜粋してそのまま放置してました。
続きを読む >>
新しい床を掘り起こす旅へ


ただいまです。おかげさまで、なんとか東京に行って、帰ってくることができました†(ちょっくら未来、見てくる!、参照)。一緒にプランを練ったり、柔軟に対応してくれたみんな、ありがとう。これでまた一つ、できることが増えたよ!


銀座平原や丸ノ内地下ダンジョンも攻略してみようと思いましたけど、人ごみと看板広告の多さでHPが削り取られて、早々に東京駅に逃げ帰りました。まだ、ホームドアのない駅や高架橋、吹き抜け空間は無理です。今後、探検を重ねて、経路確保に勤しみます


さて、今回の東京チャレンジでこんな質問をされました。

「これからどんなことをしようと考えてるの?」

たぶん、病気になる前だったら、こんな感じで答えてたでしょう。

「東南アジアやインド東海岸を視察して、次のキャリアのタネを掴みに行くよ!」
インターブランドみたいな、ブランディング会社に潜り込むために裏口探すよ!」
「カエル食堂(※長くなるので、説明は割愛)、再開させるから遊びに来てよ!」

でも、実際の回答はちがいました。

「まったく決まってないよ!」
続きを読む >>
ちょっくら未来、見てくる!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記(2017/01/03)
無事、帰ってくることができました。
簡易報告と、行って思ったことについてはコチラ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぼくが6年半、病気とくんずほぐれずの格闘をしている間に、先輩や友人は新しい領域を切り開いて、未来をどんどん創っていました。新聞やテレビ、ネットで近況を知ることもしばしば。

病気が緩やかに回復し、本格的な社会復帰が目の前に迫ってきた中で、ブランクのあるぼくはどんな未来を築けるのだろう。そのヒントをもらいに、彼ら・彼女らに会いに行こうと考えました。
といっても、今回は東京駅周辺に来てくれる人限定。しかも、主に体力的な理由で「元気だったー?!」と口にして、それだけで会話終了になる可能性大なんですけど。

うっすらでいいから未来、見えたらいいなー。

ということで、12/25−27で東京行きにチャレンジです。
新幹線もホテルもバッチリ予約を取ったりました・・・が、
はたして、へっぽこスペックで本当に東京に行けるのでせうか。
 
 
続きを読む >>
「話せばわかる」信仰、手放してもいいんじゃない?



「話せばわかる」信仰で悩んでいる人。
「話してもわかりあえない」信仰に宗旨替えしません?楽ですよ?

そんな話をすると
「じゃあ、なんですか。対話に意味はないっていうんですか!」
って逆ギレされることあるんですけど(その時点で自家撞着)。

「話してもわかり合えない」信仰に対話は無用?嘲笑の対象?
続きを読む >>
エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする
だれに勧められたか忘れたけど、図書館で予約していた本。
サンクコストの罠にかからず、自分の人生にとって本質的かつ「今」成すものはなんだろうか。それを言語化して、注力しよう。他には目もくれずに。というのが本書のテーマ。
精神的断捨離のハウツー本、とも言えるかも。
続きを読む >>
毎日トクしている人の秘密
評価:
---
PHP研究所
---
(2014-09-12)
コメント:どう思考方法を変えれば、「いやだな」と思うことも前向きに捉えられるか、というのが書いてある精神アプリの一つ。精神論じゃなくて、精神科の臨床経験も踏まえての講話なので、腹落ちしやすい。ちょっとタイトルがミスリードのような気がするけど。

みきくんに紹介してもらった一冊。
文章内に何人も著者が尊敬する人が登場するんだけど、「本当にその人のことが好きなんだろうなー」と思わず言いたくなるくらい著者の愛を感じますw。
続きを読む >>
やめないよ
評価:
三浦知良
新潮社
¥ 799
(2011-01-14)
コメント:「自分に甘くて、ついつい手を抜いてしまう」「どうすればモチベーションが高く維持できるかわからない」という人にヒントをくれる良書。キングカズのかっこよさを存分に味わえる。ただ、本に書いてあることはキングだからできる類のものなのであって、一般人が真似できる代物ではない。あくまで、すごい人の考え方を覗く、くらいのスランスで読むと良いかも。

ストイックに目の前の課題に一つ一つ取り組んでいく。
その姿勢をとり続けて体調を崩した経緯があるので、カズのいうような「一生懸命に」「逃げない」みたいなスタンスに心の中で「待った!」がかかった。人間って追い込みすぎると死んじゃう。

カズは一般人じゃない、ただ真似するだけだと体を壊す、ということを念頭に入れて、読んだ方が良さそうです。